IMG_5032.jpg

おはなし受けとめ屋さん   大畑春華さん  

星つくる人 001

Last updated 2013-07-17

運転好きの主人と愛車で、日本中を旅してお仕事したい。


4月に入って、“ひとりビジネスをつくって行こう”という地元、京田辺の仲間が開催する小さなワークショップに、ちょっと遠く東大阪から参加されていて、ご一緒した大畑春華さん。
ご自身もパートで仕事もしている経験がある中、同じ状況で苦しくなっている主婦の方やOLの方が、今までとちょっと違う活動に一歩踏み出すきっかけになればと、カラーセラピーの資格も取得されて徐々にセラピーセッションを重ねて行こうというところでした。

そのワークショップの中で、見た目の印象を伝え合うワークがあったのですが、わたしの印象は、『中学校の図書館の先生』 それは、事務的な作業の合間に、男子や女子、いろいろな生徒の悩みや恋話の相談に乗ってくれるようなイメージでしたので、そのお仕事はぴったりだなと思いました。

でも、春華さんとしては、病院や学校、施設のカウンセラーという枠組みでなくても、カウンセリングのように、お話をただただ聴き、その方に寄り添うようにお話を受けとめることで、その方がすこしでも楽になる。そういうことをやって行こうとされていました。
そして、最初は、自宅サロンをつくって来てもらうより、場所にもあまり限定されず、カフェなどもうまく使って、そうした仕事はできないか?と、模索されているのでした。

ですので試行錯誤の末、準備を進めて行く中、自分の思い描くイメージに近かった、持ち運びも容易でかわいい小さなボトルの「和み彩香カラーセラピー」のセラピスト資格を取り、さらにブログで知り合った手芸系ハンドメイド作家の方にもお願いして、独自のキャリングケースもつくってもらうことで、どこでもお話を受けとめる、出張セラピーがスタートしはじめているそうです。

ちなみに、カラーセラピーとは、さまざまな色のオイルボトルを使い、そのときの気分で選んだ色から、その人が現在抱える問題の糸口や、行動のきっかけになる気づきを得る色彩心理を応用した民間セラピーの手法のひとつで、そのセラピーで使うボトルをインテリアとして並べて自宅サロンを開設される方が多いようです。

お話を伺った当日も、そのオリジナルのキャリングケースに入ったカラーボトルを使い、カフェで出張セラピーを行うところ。カラフルな色のボトルが、くるっと巻かれた布からコロコロって出てくるところも、かわいくて話がはずみ、その後のお話も和やかに進んでセラピーを受けていらっしゃる方も十分満足されている様子でした。

実に楽しそうな春華さんの仕事ですが、こうした出張セラピーのほかにも、ブログでお知り合いになった女性詩人で気学の先生を、関東からお招きして講座や勉強会を主催したり、見た目からは創造もつかない行動力です。

そして仕事で、いくら話しを聞いていても疲れないという彼女ですが、自分のエネルギー循環のため、神霊が宿っているような自然が豊かな場所や神社などにひとりで出かける散歩が趣味のよう。そこに、いくら話しを聞いても疲れない秘訣があるのでしょうか?

最後に、この仕事の未来を訊いてみました。

そうしたら、はにかみながらも教えていただけたのが、最近家族会議の末、がんばって買った愛車で、運転が好きなご主人と二人、日本中を旅して、この受けとめ屋さんの仕事することらしいです。

こんな戻れる自分の時間と素敵な家族がある春華さんだからこそ、安心できる 『おはなし受けとめ屋さん』ができるんだなと、納得した一瞬でした。

本当に、むすぶご縁に感謝です。

(TEXT:なかにしひさみち )



IMG_5072.jpg


IMG_5099.jpg


IMG_5114.jpg


IMG_5013.jpg

プロフィール

IMG_5233.jpg

大畑春華 oohata harukai

大阪 東大阪在住 和み彩香カラーセラピスト おはなし受けとめ屋さん

現在、大阪、京都の気分の良いカフェで、セラピーセッションを提供する。
日本の伝統色からヒントを得たカラーセラピーシステム『和み彩香カラーセラピー』の認定セラピスト。子育てで悩む主婦やお仕事の中の人間関係で悩むOLなどのおはなしを受けとめる出張セラピーを主体に活動中。また、日本神話に基づく気づきのワークショップなど講師をコーディネートして地域のコミュニティスペースで開催する勉強会も主催している。日本伝統の神社などを歩き、自然と触れ合うことも意識的に行う散歩が趣味。

BLOG:春華の わくわくする方へ。。。~いっぽ・いっぽ~

LinkIcon

自然を愛でるお茶会LinkIcon